かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!

【カニの浜海道の口コミ・評判】通販で生冷凍タラバガニ脚を取り寄せたレビュー

タラバガニでカニ鍋

カニを持つミナコ

今回は、通販サイト「カニの浜海道」から生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kgを取り寄せてみました。

色々な通販サイトからカニを取り寄せるのが家族の楽しみでもある我が家。寒くなってきたので、そろそろカニ鍋の出番。さっそく浜海道のタラバガニ脚ポーションでカニ鍋です♪

→カニ通販お取り寄せランキングはこちら

浜海道のトップページ

(今回注文した浜海道です。)

生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kgが7,880円(税込)、送料が別途1,200円(税込)かかり、今回の注文金額合計は9,080円でした。タラバガニ脚が2kg以上入った商品もあるのですが、1万円の予算を大幅にオーバーするので、今回は1kgのタラバガニ脚をレビューしますね。

カニの浜海道に書いてあった口コミがよかったので、届くのが楽しみです。

北海道函館市にある「カニの浜海道」から新鮮なカニを通販でお取り寄せ

「カニの浜海道」は北海道函館市にある会社で、新鮮な海鮮類を地元函館のホテルや料理店へ卸しています。ホテルなどでプロが使っているのと同じ食材を、ネット通販なら家庭でも味わえちゃうんです。カニだけでなく、サーモンやうに、いくらにエビ、ホタテなど、北海道ならではの美味しい海鮮類を扱っています。

いくらやホタテも魅力的だけれど、我が家はやっぱりカニが好き。そして、カニの中でもボリュームがあるタラバガニが我が家では人気です。茹でたタラバガニは何度か食べたことがあるので、今回は生冷凍ポーションを購入しました。

minako-mini-1

ミナコのポイントメモ
生冷凍ポーションとは、水揚げされた新鮮なタラバガニの殻をむいて、生のまま冷凍された商品です。むき身になっているので、解凍するだけで調理できてとても便利ですよ。

→ 浜海道の注文手順はこちら

指定日にロシア産タラバガニが到着!仕入先業者名も明記されている

通販サイト「カニの浜海道」で注文した時に、日付と午前中の時間帯を指定しました。指定日の2日前に商品を出荷した連絡がメールであり、伝票番号が記載されていましたよ。そして、指定した日の午前中にちゃんと届きました。

日付と時間指定のステッカーが目立つように貼ってありますね。下積厳禁のシールも、カニに対する思いやりが感じられます。でも、クロネコヤマトの袋に入っているので、パッと見ではカニが入っていることは分からないし、「カニの浜海道」の店名が分かるようなものがないので、受け取った時のワクワク感はあまりありませんでしたね。

「カニの浜海道」からの小包

クロネコヤマトの袋から出してみました。カニのさばき方や、おいしい食べ方が載ったパンフレットと納品書が同梱されていました。発泡スチロールの箱は、ずいぶん殺風景な感じです。

タラバガニが入った箱

発泡スチロールに貼ってあるシールを発見。そこには、見慣れない製造者名が‥。気になったので、電話してきいてみました。そしたら、シールに記載されている石田水産株式会社は仕入先だそうです。「カニの浜海道」は、複数の仕入先と提携して商品を出荷しているそうですよ。

タラバガニの仕入先業者

→ 浜海道の注文手順はこちら

届いたタラバガニの脚は太く、バラバラに冷凍されて袋にぎっしり

蓋を開けると、ぶっといタラバガニの脚がごろごろ(^O^)/「カニの浜海道」の梱包は、基本的にこのようなエコ包装(簡易包装)なのだそうです。ちょうどよい大きさの発泡スチロールの箱に入っているし、運送中に冷凍のカニ脚が動いたりはしていなさそうです。購入後にゴミが少なくて済むのはいいですね。

箱に入ったタラバガニ

重さを量ると、1,123gでした。冷凍する時に氷の膜をはらせるので、冷凍前は1kg位だったのかなと思います。カニ脚同士がくっついていることはなく、バラバラに冷凍されています。固まって凍っていると解凍が大変そうですが、バラバラに凍っているのでそんなに時間もかからなそうです。

1123gのタラバガニ

次は横幅を測ります。カニ脚の長さではないですが、どの位の大きさの袋かお伝えするために。約26cmですね。

横幅26cmのタラバガニが入った袋

縦幅は約17cmです。結構なボリュームのタラバガニが入っています。

立幅17cmの袋に入ったタラバガニ

→ 浜海道の注文手順はこちら

「カニの浜海道」は解凍方法を親切に教えてくれるので、購入後のサポートも安心

通販サイト「カニの浜海道」の「生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kg」商品説明ページには、自然解凍し、加熱して食べるよう書いてありました。カニを自然解凍というと、冷蔵庫に入れて一晩というイメージなのですが、生カニのむき身だし、グレースもついているのでちょっと心配です。

minako-mini-4

ミナコのポイントメモ
グレースとは、冷凍カニの周りについている氷の膜のことです。冷凍焼けしてカニの味が悪くなるのを防ぐため、冷凍カニには氷の膜を付けるグレース加工がなされています。

冷凍タラバガニにあるグレース

グレースが解けると生カニがびちゃびちゃになりそうで心配だったので、また「カニの浜海道」に電話してみました。さっきと同じ若い女性の方が出ましたが、解凍方法についてはあまり詳しくない様子。用件を伝えると年配の男性の方にかわりました。冷蔵庫で解凍するなら一晩はやはり長すぎるので、7~8時間程度にしてくだい、とのこと。

常温で自然解凍してもOKで、その場合は4~5時間だそうです。半解凍で食べないと美味しくなくなるので、様子をみて時間を調整してください、と言われました。とても丁寧に教えてくれましたよ。電話してみてよかったです。不安なことがあったら電話できるので、「カニの浜海道」は安心して購入できる通販サイトです。

→ 浜海道の注文手順はこちら

【生冷凍カニを常温で解凍】グレースが解けるのでザルに入れて自然解凍

夕飯の4時間前を目安に解凍を始めます。まずは、開封。

タラバガニ脚を開封

タラバガニを袋から出し、解けた水滴がカニについたままにならないように入れます。

冷凍のタラバガニ脚

この状態でラップをして、常温で置いておきます。

ザルに入った冷凍タラバガニ脚

→ 浜海道の注文手順はこちら

タラバガニ脚が主役!家族で食べるカニ鍋は美味しくて評判も上々

4時間ほど常温におき、いい感じに解凍されたタラバガニです。食べやすいように殻がむかれ、きれいな身ばかりですね。太くて立派です。

解凍されたタラバガニ脚

お鍋の準備もできたので、いよいよカニ鍋を頂きます。野菜や豆腐を切るだけで食卓につけるなんて、楽ちんで嬉しいです。それなのに、豪華に見えるのでカニ鍋はいいですよね。

カニ鍋の準備ができたテーブル

先にお野菜を入れて火が通ったら、カニを投入します。まだ半解凍のカニもありますが、解凍しすぎたのか、水分が出ているカニもありました。冷凍カニは、解凍具合が難しいですね。解凍にムラがでてしまったのは、丸いおおきなザルにまとめて解凍してしまったからかな、とちょっと反省です。平らなザルに1本ずつ並べて解凍すれば、均等に解凍できたように思います。

それでも、鍋でほどよく火を通したカニは、解凍具合に関わらずどちらも柔らかくてとっても美味しかったですよ。とろっと、そしてふわっとした食感です。焼きガニやバター焼きにするなら、解凍しすぎて水分が出てしまうと美味しくなさそうなので、半解凍の状態で焼いた方がよさそうですね。

カニ鍋、いただきます!

体も温まるし、やっぱりカニ鍋はいいですね。大人はポン酢をかけたり、柚子こしょうを付けたりして、味の変化を楽しみました。タラバガニの脚は太くて食べ応えがあります。家族の評判もよかったです。

でも、せっかくのふわっとした食感を邪魔する白い半透明なスジが時々あって食べにくいことがありました。

minako-mini-4

ミナコのポイントメモ
ハサミやカニフォークを用意しなくてもカニを食べられるので、ポーションは手軽にカニ料理を楽しめます。うちみたいに小さい子どもがいると、とても助かりますよ。カニ鍋にすると、子ども達もお野菜をたくさん食べてくれます。

→ 浜海道の注文手順はこちら

タラバガニは火を通し過ぎると固くなるので、鍋での煮過ぎに注意

あ~、煮過ぎちゃった。子どもの世話に追われていると、こんなことになってしまいます(+_+)灰汁もたくさん出てるし。カニだけでなく、エビやカキも同じですが、魚介類は煮過ぎると固くなってしまうので、火を通すのはほどほどにして、柔らかいうちに食べたいですね。写真のカニ脚も、食べてみると案の定固くなっていました。

煮立っているカニ鍋

固くなったタラバガニ脚を食べていると、白いスジが余計気になります。ちょっと食べにくいかな。でも、これもカニさんの骨や腱です。生き物を食させて頂いているという感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。

→ 浜海道の注文手順はこちら

カニ鍋をしたら、余ったタラバガニの身を具にして雑炊も美味しくいただく

締めは雑炊!にするのですが、スープにカニの出汁があまり出ていませんでした。カニから出汁が出ると思って、昆布だしに酒としょうゆを入れただけの薄味スープだったので、このまま雑炊にしたら味が薄そうです。やっぱり、肩身や殻など、他の部位もないとカニの出汁はあまり出ないのかな。

そんな訳で、インスタント出汁をちょっと足しはしましたが、最後に雑炊も楽しみました。カニ身があまっていたので、食べやすく切って具にしてみましたよ。

締めの雑炊

雑炊を頂いたところで、もうお腹いっぱいです。今回注文したのはタラバガニ脚ポーションタイプでしたが、大家族の我が家でもカニ鍋にすると満足できる量でした。カニの浜海道の口コミでは、他の海産物の評判もいいので色々試してみたくなります。

minako-mini-1

ミナコのポイントメモ
「カニの浜海道」なら、ホテルや旅館へ卸しているのと同じ商品を家庭で味わえます。10,000円以下で我が家みんなのお腹を満たしてくれましたよ。

→ 浜海道の注文手順はこちら

【2016浜海道の売れ筋商品】タラバガニ脚ポーションむき身情報

タラバガニポーションバター焼き

浜海道のタラバガニ脚ポーションむき身は、今年も人気商品です。売れ筋ランキングでも堂々の2位を獲得し、1位のズワイガニポーションに迫る勢いです。確かにタラバガニポーションは1本でも、食べ応え十分で男性も満足できますね。

今年のタラバガニ脚ポーションむき身(3L)1kgは、9,880円(税込)です。カニは漁獲量によって価格変動のある食材ですが、その中でも特にタラバガニは年々高騰しています。市場に出回るタラバガニが少なくなっている中、3Lサイズという大きさで1万円を切る浜海道のタラバガニ脚ポーションむき身。カニ好き我が家にはありがたいです♪

【カニの浜海道の注文手順1】おすすめの人気商品がランキングされていて選びやすい

生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kg

今回レビューした生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kgは、通販サイト「カニの浜海道」から取り寄せました。下記リンクをクリックすると、「カニの浜海道」の公式ページに移動します。別タブで表示されますので、「カニの浜海道」のホームページを開きつつ、こちらのページの説明を見ながら注文するとわかりやすいですよ。

rinkubotan-1

→ 浜海道公式ホームページはこちら


今回注文した「生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kg」は売れ筋ランキング2位の人気商品です。左にある売れ筋ランキング!の2位、タラバガニ/ポーション・生冷凍むき身(3L)1kgをクリックします。

「浜海道」のトップページ

「生冷凍タラバガニ脚・ポーション(3L)1kg」の商品ページです。購入画面は下にあるので、スクロールしていきましょう。

生冷凍タラバガニ脚ポーション

下にスクロールしていくと、商品説明やバター焼きなどの写真、支払い方法や配送方法の説明が目に入ります。バター焼きも美味しそうだな~。「カニの浜海道」の送料は全国一律1,200円。20,000円以上の注文で送料無料になります。

【カニの浜海道の注文手順2】商品のページで他の購入者の口コミやレビューもチェック

画面下の方、「カートに入れる」ボタン下に、購入者の口コミも載っているので、レビューを見たい方はそちらもチェック。最後に数量と値段を確認して、「カートに入れる」ボタンをクリックします。

生冷凍タラバガニ購入画面

カートの中身です。ここで、注文した商品が入っていることを確認し、「レジへ進む」ボタンをクリックします。

「カニの浜海道」の買い物かごの中

minako-mini-1

ミナコのポイントメモ
「カニの浜海道」のホームページに移動すると、人気商品が最初のページに表示されています。商品をクリックするだけで、購入ボタンがあるページに移動するので、購入はとっても簡単です。

→ 【カニの浜海道】購入はこちら

すると、ログイン画面が表示されます。GMOとくとくポイントの会員の方は、同じメールアドレスとパスワードでログインできます。

私は「カニの浜海道」の利用は初めてなので、名前や住所などの必要事項を入力します。最後に会員登録する・しないを選択できるので、会員登録することに抵抗がある方でもお取り寄せできますよ。でも私は迷わず会員登録します。次回から、住所などを入力しなくて済みますから便利なんです。登録するには、パスワードを設定します。

「カニの浜海道」のログイン画面

「カニの浜海道」はエコ包装(簡易包装)が基本なので、レビューしてきたようなシンプルな包装です。贈答品の場合はもっと体裁のよい包装で、のし付けも無料で対応してもらえますよ。お歳暮やお届け希望日の指定は、注文画面を進んでいくと設定できます。

「カニの浜海道」のお歳暮やお届け日指定画面

→ 【カニの浜海道】購入はこちら

【カニの浜海道の注文手順3】カード払いで取り寄せると手数料無料

商品金額7,880円(税込)に送料が1,200円(税込)かかり、合計支払額は9,080円でした。支払いはクレジットカードにするので、クレジットカードにチェックを入れます。通販サイト「カニの浜海道」には支払い方法がいくつか用意されていますが、カード払い以外は手数料がかかってしまうからです。

「カニの浜海道」支払い方法選択画面

1万円未満の代金引換は324円、コンビニ払いは200円の手数料がかかります。銀行振込の場合は、入金の確認がとれないと商品が発送されないので前払いになり、振込手数料がかかります。カード払いが一番手間がなく、手数料もかかりません。「注文する」をクリックして、注文を確定します。

「カニの浜海道」注文画面

まだ注文は終わりではありません。支払い方法をクレジットカードと選択しただけで、カード情報はまだ入力していないので、「購入まであと少し」をクリックします。カード情報を入力して決済が完了すると、支払い手続き完了です。注文確認メールが届きますので、そちらでも注文内容を確認できます。

「カニの浜海道」もうすぐ注文完了

支払い手続きが完了すれば、注文完了!後は、タラバガニ脚が届くのを待つだけです。

→ 【カニの浜海道】購入はこちら

まとめ

  • カニ通販「カニの浜海道」は、ホテルや旅館と同じプロ仕様のカニを取り寄せることができる
  • 「カニの浜海道」のタラバガニはふわっとした食感でボリュームがあり、柔らかくて美味しい
  • カニ鍋にすると、準備が楽なのに食卓が華やかになる
  • 鍋で煮過ぎるとカニ脚が固くなるので要注意。余ったら、バター焼きにしても美味しそう

今回初めて利用した「カニの浜海道」は、注文から商品到着までとてもスムーズでした。タラバガニの仕入先と、解凍の仕方について2回も電話しましたが、きちんと対応してくださったので、何かあった時の安心感も感じましたよ。浜海道の対応の良さは、口コミ情報として投稿しようと思います。

カニ鍋は家族にも大好評でした。みんなが喜んでくれると思うと、わざわざネット通販で取り寄せて準備する甲斐があります。でも、そんなに頻繁に購入できる値段でもないので、やっぱり年末とか、お正月の家族の団らんでカニ鍋を囲みたいですね。

【ミナコのカニの浜海道チェックポイント】
タラバガニは漁獲量に応じて値段が変わることもありますし、人気商品は年末が近づくと品薄になってきます。特に12月の繁忙期に入ると、在庫切れ商品が目立ってきます。御歳暮の注文が増えるからですね。なので、お届け日指定サービスを利用し、注文は早めにしておきましょう。

→ 【カニの浜海道】購入はこちら

浜海道

浜海道

「カニの浜海道」の送料は全国一律1,200円です。20,000円以上の商品購入で送料無料になります。代金引換は購入金額に応じて324~1,080円、コンビニ・郵便局・銀行への後払いは200円の手数料がかかります。GWやシルバーウィーク、年末年始は休業になります。基本的に簡易包装で、指定がなければ個別包装もしてありません。希望すれば、包装やのし、名入れは無料で対応してもらえます。

味
包丁の丁寧さ
見た目
贈答品としての品質
ボリューム
対応の良さ

購入した感想


カニの浜海道のタラバガニポーションは、おおぶりで太く立派でした。ハサミを使わずカニを堪能できるので、手間がかからずとても便利です。弾力があり噛み応えも十分ですが、鍋に入れて時間が経つと身が固くなってしまいました。そして、量に物足りなさを感じます。鍋にしましたが、あっという間にタラバが終わってしまいました。贈答品にするにはややボリュームや見た目のインパクトに欠けると思います。梱包は他のカニ通販業者と比べ、素っ気ない印象で届いたときのワクワク感はありませんでした。

特集記事一覧

口コミで大人気のカニ通販、実際に取り寄せて食べ比べてみました 一番星の美味しいカニを求めて今日も行く こんなハズじゃなかった・・・かに通販の失敗体験 必ずチェック!カニ通販の口コミと注意点
5

5

匠本舗の公式ホームページはこちら
5
PAGE TOP ↑