かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!

カニの簡単なさばき方と美味しい食べ方 

ズワイガニのさばき方

通販や旅行先でカニを購入したものの、どうやってさばけばいいのか困ったことはありませんか?カニは安いものではないので、さばき方や調理法で失敗せず、おいしくいただきたいですよね。ここでは、家でもおいしくカニを食べるためのさばき方や食べ方についてご紹介します。

→カニ通販お取り寄せランキングはこちら

カニをさばくことが苦手なら、カット加工された商品がお勧め

カニはおいしいですが、殻が固かったり、調理の仕方がわからない人も多い食材。ネットで調べてみると、丁寧にカニのカットの仕方が書いてあるものの、なかなかうまくいかなかった経験をお持ちの人もいることでしょう。うまくさばけないと、せっかくおいしいカニを購入しても台無しになってしまうことも・・。

そんな時とても便利なのは、カニをカット加工した商品です多少値が張るものもありますが、手間と見た目を考えれば、素人がカットしたものよりプロの手によって加工されたものの方が手軽だし、きれいなのです。それでは、カニのカット方法にはどのようなものがあるのかを見ていきたいと思います。

加工されたカニも満載!人気カニ通販取り寄せランキングはこちら

ハーフカット/ビードロカット(半むき身):焼きガニに

タラバガニのハーフカット

ハーフカットとは、主にカニ脚の上半分の殻を取り除いたものであり、ビードロカットとも呼ばれています。焼きガニにする時、直接身を焼くよりも下半分の殻が皿のようになっているほうが網にくっついたり、焦げたりする心配をしなくてすみます。

また身も箸で簡単に取ることができ、食べやすいのでお子さんでも安心して食べることができます。カニを食べるときに無言になることもありませんので、大勢で集まってパーティーをした時でも話がはずむことでしょう。

ササ切り:カニ鍋や焼きガニに

ササ切りとはその名の通り、切り口が笹の葉のようになる切り方で、簡単に言えば脚を殻ごと斜め半分に切るような感じです。主にタラバガニがこのような加工をしてあるものが多いですが、殻付きのまま鍋に入れれば、よい出汁が出るのでおいしく食べられます。

殻に覆われている部分が多いので、焼きガニにすると中の身が蒸されるような感じになり、ふっくらおいしい身になります

フルポーション(むき身):しゃぶしゃぶや揚げ物、バター焼きに

ズワイガニのフルポーション

フルポーションとはカニ脚の関節部分など、一部カニの殻を残してそれ以外の殻を全て取り払ってしまう加工方法。脚の場合は殻の部分が手持ち部分になり、しゃぶしゃぶなどで食べられます。殻の部分が少ないのでゴミもあまり出ずエビフライのような揚げ物にしたり、バター焼きにしてもおいしいです。

箸要らずで子供達でも食べやすいです。殻が少ないので、グラム表示で記されている場合は身そのもののグラム数に近く、たっぷり食べられます。

ポーションのカニもお取り寄せ!カニ通販ランキングはこちら

ぶつ切り:鍋にすると良い出汁がでる

形や大きさにこだわらない切り方で、ぶつ切りにしたカニを詰め合わせたお得なセットも出ています。主に鍋や汁物に利用されることが多く、身はもちろん食べますが、出汁をとる目的で使われたりもします。

【活きガニのさばき方】ポイントを押さえれば意外と簡単

北海道などカニの産地に旅行に行った時、ついつい購入してしまう「活ガ二」。通販などでも扱っているところもありますが、活ガニを買ってきてしまったものの、どう調理していいかわからない・・そんな経験をお持ちの方はいませんか?活きガニの簡単なさばき方をご紹介します。

<さばき方>

1.活ガニの中でもとても元気がよく、家に帰ってきてもまだ動いていて触ることが出来ないような場合、大きな入れ物に水道の水を張り、しばらくそこに浸けておきます。10分~15分程度で動かなくなると思いますので、それから調理にかかるようにしましょう。

2.カニの甲羅をたわしなどで軽く洗い、味噌や内臓を全て抜き取ってください。ミソは固まらないので、一緒にゆでるとドロドロになります。

3.1リットルに20g位塩を入れた鍋で沸騰したら甲羅を下にしてカニを茹でます。(30分程度)

4.ゆで上がったカニを冷水で冷やす

5.毛ガニ以外は裏返しにして、ふんどしと呼ばれる部分を切り取り、そこから胴体を半分に切ります。カニミソのある物はカニミソを下に落とし、甲羅と胴体(半分にした物)に解体します。

6.脚を関節の部分から切り取っていき、食べやすいようにはさみを入れておきましょう。

毛ガニの場合は脚を切り離すことが先ですが、胴体のさばき方については基本的には同じように行います。一見難しそうに感じるかもしれませんが、初めてでも意外と簡単に出来ますので、チャレンジしてみて下さい。

活きガニもお取り寄せ!人気カニ通販ランキングはこちら

【カニ脚の身の簡単な食べ方】はさみやフォークを使わずスルッと抜く

カニの食べ放題などに行くと、はさみや軍手を持参してくる人もいますが、はさみがなくても、脚であれば簡単な食べ方があるんです。まずはカニの脚を手に持ち、関節よりも少し上の部分(身が入っているところ)あたりを手で半分にポキっと折ります。すると、身が一緒にスルスルっと出てきますので、大きな身をほおばって食べる事ができます。

はさみで切れ目を入れて、カニフォーク等で身をかき出すのが最も一般的ですが、それではせっかくの食べ放題でも時間がかかってしまいます。食べ放題では時間制限もあるので、是非この技を習得しておくとたくさん食べられてお得です。

塩茹でされたカニの美味しい食べ方は、カニ酢やレモン汁・しょうゆで頂く

自宅で調理したものであれば、皆でわいわい身をほぐしながらゆっくり食べるのが良いですね。なぜかカニを食べる時はみんな無言です。

それだけ集中して身を取り出しているわけですが、それもまた楽しい時間です。取り出した身は、そのまま食べても塩茹でしてあるので美味しいです。

何か付けるなら、カニ酢を付けて食べるのが最もポピュラーですね。カニ酢の作り方は人それぞれ好みがありますが、少し甘めのカニ酢がお子さんにも食べやすいと思います。あとは、レモン汁をかけて食べたり、醤油だけ付けて食べたり…食卓でカニを囲むと幸せな気分になれますよね。

塩茹でされたカニもお取り寄せ!人気カニ通販ランキングはこちら

【3大蟹のおいしい食べ方】ズワイは天ぷら、タラバは焼いて毛ガニはミソをつける

タラバガニを焼きガニで頂く

それぞれのカニが持つ良いところを引き出してあげると、美味しさは増しますよね。同じカニでも食べ方によって味はガラリと変わります。

クセのないズワイガニは、どんな食べ方でも美味しいですが、油を使うと甘味が引き立ちます。たとえば天ぷら。サクっとした衣の中に、甘味たっぷりのズワイガニ。揚げたてを頂きたいです。

タラバガニは大味ですが、焼くと甘味が出てきます。炭で焼くタラバガニはジューシーさが増し、ホクホクしながら頬張りたい。そして毛ガニはミソでしょう。カニ身にたくさんのミソをつけて、そのままパクリ。たまりません。

せっかく購入したカニですから、ベストな調理法で食べたいですよね。カニの種類によって、さばき方、おいしい食べ方は異なってきますので、それぞれのカニの特徴を把握しておくといいかもしれません。美味しいカニ、食べたくなってきましたね。

まとめ

  • 加工されたカニの種類は多く、カット方法によって食べ方が違うう
  • 活きガニのさばき方は、茹でてから胴体・脚の順でさばく。毛ガニは脚を先に切り離す
  • 塩茹でされたカニの美味しい食べ方は、カニ酢やレモン汁・しょうゆをつける
  • ズワイガニは油を使用すると甘みが引き立つ
  • タラバガニは焼くと甘みが増し、ジューシーになっておいしい
  • 毛ガニのおいしい食べ方は、カニ身にミソをつける

カニお取り寄せランキングはこちら

カニ通販お取り寄せランキングはこちら


特集記事一覧

口コミで大人気のカニ通販、実際に取り寄せて食べ比べてみました 一番星の美味しいカニを求めて今日も行く こんなハズじゃなかった・・・かに通販の失敗体験 必ずチェック!カニ通販の口コミと注意点
5

5

匠本舗の公式ホームページはこちら
5
PAGE TOP ↑