かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!

カニ通販「北海道海鮮工房」のカニポーションを実際に食べてみた

海鮮工房の箱を持つ

さくら

美味しいカニをたくさん食べたい!これはカニ好きな我が家全員の夢。そんな夢を叶えたくて今回お取り寄せしたのは「北海道海鮮工房」のカニです。食べやすいよう殻をすべて外したポーションが1kgセットになった商品を選びました。

味や見た目など実際に食べてみた感想のほか、「北海道海鮮工房」の注文方法まで写真つきで詳しく紹介していきます。

「北海道海鮮工房」で不揃い折れ品のズワイガニ1kgを注文

海鮮工房トップページ「北海道海鮮工房」で注文したのは、不揃い折れ品の生冷凍ズワイガニ脚むき身です。カニを冷凍加工する時に殻から身が外れて、折れてしまったポーションが1パックにまとめられています。【不揃い折れ品】はいわゆる「訳あり」の商品です。折れたカニ身ばかりなので大きさはバラバラですが、【不揃い折れ品】として1kgまとめて販売されています。 

不揃い品のため小さめのポーションも入っていますが、60~70本入りなのでボリュームは十分あります。1kgで税込み7,900円という価格も魅力的です。1本で口いっぱいになるような大きくて立派なカニポーションも気になりますが、今回は家族でお腹いっぱい食べたいので「北海道海鮮工房」の不揃い折れ品1kg入りのカニポーションに決定しました。

→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

指定日時に到着したカニポーション

生冷凍のズワイガニは指定日に届きました。時間も指定した通り、午前10時半には手元に届きました。カニは発泡スチロール製の白い箱に梱包されています。箱のサイズは27cm×25cmで10cmくらいの厚みです。ポーションが70本ほど入っているので、もう少し大きい箱を想像していたのですが、思っていたよりコンパクトな箱でした。

海鮮工房の箱上部箱のフタには「冷凍タイプ」の大きなラベルが貼ってあります。生冷凍のカニなので段ボール製ではなく発泡スチロール箱で届き、冷気も逃げないから安心です。箱の周囲には粘着テープが一周、しっかりと貼られています。粘着テープをグルグル剥がして届いたばかりの箱をさっそく開封してみます。

海鮮工房の蓋を開けるフタを開けると、御礼状と上手な解凍方法などが書かれたパンフレットがカニと一緒に入っています。

海鮮工房の蓋を外すパンフレットはビニール袋に入った状態で3枚あります。広げてみると2枚目のパンフレットには次回の注文時に使える割引クーポンコードが印刷してあります。うっかりすると見落としてしまいそうですが、割引クーポンは嬉しいです。

海鮮工房クーポンパンフレットを取り出すと、白い緩衝シートに包まれたカニポーションが見えます。ところが、よくみるとシートの上には1本の髪の毛が…。箱を開けた時に私の髪が落ちたのかとも思ったものの、よくみると私の髪色とは全く違います。どうやら、梱包時に混入してしまったようですね…ガッカリ。

海鮮工房の蟹に髪の毛が付着緩衝シートの上に髪の毛を発見してしまったのは残念ですが、カニに直接くっついていた訳ではないので、気持ちを切り替えてポーションを取り出します。

海鮮工房の蟹を取り出すポーションは2つのビニール袋に分けられています。1本ずつバラバラで冷凍されているので、冷凍庫では袋を縦にしたり、隙間にキュッと詰め込んで保存することもできます。冷凍庫で余計な場所を取ることがないので助かります。
海鮮工房の蟹が二袋→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

北海道海鮮工房のカニポーション、サイズは4~11cmと不揃い

「北海道海鮮工房」のカニポーションはサイズが不揃いの商品なので、ビニール袋の上からパッとみても確かに大小様々なポーションが入っています。ポーションがたくさん入っている袋の横にスマホを置いてみました。

海鮮工房の蟹こんなにある袋の上からポーションの大きさを測ってみます。解凍する前のポーションは大きいもので11.5cmほどあります。

大きめのポーション小さめのポーションも計ってみます。長さは4.5cmくらいです。

小さめのポーション長さにバラつきはあるものの、極端に細かったり折れ曲がっているポーションはないので安心しました。カニポーションが溶けないうちに、食べる日までこのまま冷凍庫で保管します。

→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

生冷凍カニポーション、解凍前の重さは2袋で1kg以上

待ちに待った実食の日です。冷凍庫から出したポーションを手にのせてみると、一袋でも思っていた以上のずっしり感があります。

ポーションを持つ実際の重量が気になるので計ってみると、2袋で1026.5g。1kg以上あったので安心しました。

解凍前の重量→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

北海道海鮮工房のポーション、流水で30分が上手な解凍の目安

大きめのボウルを使って袋入りのポーションを流水解凍します。

ボウルを使って流水解凍する2つの袋に均等に流水が当たるよう調整します。パンフレットにあった解凍方法を読むと「解凍は流水で手早く」としか書いてありません。公式サイトでも調べてみましたが具体的な解凍時間はわからなかったので、とりあえず20分ほどこのままの状態で様子をみることにします。

両方の袋に流水を当てる20分経過したところでポーションを触ってみます。う~ん、まだ早かったようで凍っているポーションが多くカチカチです。

更に流水を当てる流水の当たり方にも問題があるかも知れないと思ったので、1袋ずつ交互に流水が当たるようにしながら10分延長してみます。

解凍時間を10分延長10分経過すると、今度はしっかり解凍できていました。結局、10分間延長したので解凍時間は合計30分ほどで上手に解凍できました。

→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

解凍後のポーションは重さが半分以下になってしまう

解凍後のカニポーションを袋から取り出してみると、不揃い品なのでたしかに大小いろいろなサイズのカニが入っています。手の平にのせてみると、こんなに大きなサイズのポーションもたくさんあります。

解凍後のポーションを手にのせる実際に測ってみると、ポーションの長さは約10.5cmほどあります。でも、解凍前のカニ身と比べると全体的に一回り小さくなったように感じます。

解凍後のポーション10センチ以上大小のポーションを手に取って比べてみると、大きさの違いは明らかです。ですが、小さいポーションもガッカリするほどのサイズではありません。

解凍後のポーション大小気になったのは、ポーションから染み出てくる水分の多さです。箸で軽くつまんだだけでポタポタと水気が出ます。4枚に重ねたキッチンペーパーで水分を拭き取ると、アッという間にびしょ濡れです。ペーパーを何度も替えながら、ポーションをすべての皿に移しました。

解凍後のポーションから水気解凍後の重さを量ってみると2袋で564.5kgです。もちろん、お皿の分は差し引いた重さですよ。つまり、462gも目減りしたことになります。解凍前は1026.5gだったので、重さは半分以上も減ってしまいました。これはいくらなんでもショックが大きすぎます…

解凍後の重量重さを量っている間にも、ポーションから染み出てくる水気は止まりません。皿に並べて5分もすると、皿の底は水浸しになっています。冷凍カニは風味や乾燥から守るために、薄い氷の膜で身を覆うグレースと呼ばれる加工がされています。

グレースで皿が水浸しグレースは全重量の2割程度が一般的ですが、海鮮工房のグレースは5割以上もあります。次から次へと水気が出てくるので、どれだけグレース加工されていたの?と思うほどです。

解凍後もポーション同士がくっついている部分があります。くっついている部分は丁寧に剥がしましたが、ボロボロになってしまう身もあるので見栄えはよくありません。解凍後は重量が激減したり見栄えが悪くなったりしましたが、ポーションの味に期待してさっそく調理していきます。

→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

「北海道海鮮工房」のカニポーション、バター焼きでいただくも身は硬め

解凍後のポーションは思っていた以上に水気が多い上、身はかなり柔らかいです。北海道海鮮工房のカニポーションは殻がまったく付いていないので、カニ鍋にすると身がほぐれてしまう恐れがあります。そのため、今回は我が家定番のカニ鍋ではなく、一度食べてみたかったバター焼きにしてみました

熱した鉄皿に少量のバターを溶かしたらカニポーションをのせて加熱します。身が少し白っぽくなるまで両面を焼いたら風味付けのバターを追加。

バター焼きのバターを追加ジュージューという音と、蟹とバターの良い香り♪思わず見惚れてしまう光景ですが、うっかり加熱しすぎると身が硬くなってしまうので要注意です。

アツアツのバター焼きアツアツのポーションをパクッと一口で頂きます。加熱中はバターの強い香りで気付きませんでしたが、食べてみると海産物特有の臭いが強く、カニ身の筋も口の中に残ってしまいます。両面をサッと焼いただけなので決して焼き過ぎた訳ではありませんが、身は硬めでジューシーさにも欠けています

鉄皿で調理したため加熱が早まって硬くなったのかもと思い、いつも使っているフライパンでも調理してみます。

フライパン調理加熱しすぎないよう十分に注意して今度は陶器皿に盛り付けます。鉄皿と比べる陶器の皿はアツアツが持続しないので、これならバッチリ!

陶器皿に盛り付け冷めないうちにフライパン調理のバター焼きを一口食べてみると、あれ?さっき食べた鉄皿のカニ身とまったく同じ。バターの香りは十分効いているのに海産物特有の臭いと筋っぽさ、身は硬め。せっかく調理し直したのにガッカリ…。

サイズが不揃いなのは仕方がありませんがパサパサ感もある上、解凍後のポーション同士がくっついてしまうことで、身が崩れて見栄えも悪くなってしまいます。期待しすぎてしまったのか、残念な印象の方が大きく残ってしまいました。

「北海道海鮮工房」ネット注文方法を紹介

「北海道海鮮工房」を注文する方法手順を写真付きで紹介します。「北海道海鮮工房の味 公式サイトへ」のバナーをクリックすると今回、私がカニポーションを購入した「北海道海鮮工房の味」の通販サイトに移動します。

→ 北海道海鮮工房公式サイトはこちら


「北海道海鮮工房」の公式サイトを開きます。

注文トップ画像画面を少し下にスクロールして「ずわい蟹」の画像をクリックします。

注文画面2ずわい蟹の商品一覧ページに移動するので画面を下にスクロールして、税込み7,900円の「お得!折れ品」1.0kgの「買い物かごへ」をクリックしてください。

買い物かごへカートの中が表示されるので商品名と個数を確認したら、画面を下にスクロールします。

カートを更新会員登録の画面に移動したら登録する場合は「会員登録して購入」を、登録しない場合は「購入手続きへ進む」をクリックして下さい。

会員登録の画面画面を下にスクロールしたら住所氏名などの購入者情報を入力していきます。

購入者情報を入力次は支払い方法を選択します。北海道海鮮工房ではクレジットカード決済のほか、銀行振り込みや代引きでも支払えます。

カード情報の入力ここで「後払い」を選択すると蟹とは別に送付される請求書で、コンビニや銀行などから後払いで代金を支払うこともできます。

後払いそのまま下へ移動すると指定日時を選択できます。熨斗を希望する場合は、無料なので同じ画面から希望の熨斗を選んで下さい。

熨斗注文方法はこれだけです。注文完了の画面からも会員登録することはできますが、登録しなくても購入することは可能です。

注文完了注文が完了すると登録したアドレスに【ご注文完了のお知らせ】というメールが届きます。メールには指定日時や支払い金額、お届け先などの基本情報が記載されています。「北海道海鮮工房」からのメールは自宅にカニが届くまでは保管しておくと安心です。

北海道海鮮工房の良いところ、残念なところ

海鮮工房のカニ1

北海道海鮮工房の良いところ

・カニポーションの種類が豊富

北海道海鮮工房の蟹は今回注文したズワイガニだけでなく、タラバや毛ガニも扱っています。また、カニ通販で人気のポーションはバリエーションが豊富です。カニポーションは食べやすく、見栄えもいいので御中元や御歳暮にもピッタリ。贈答用・ギフト向きの商品が多く、お財布に優しい不揃い品もあるので色々なシーンに使えるカニが数多く揃っています

・袋入りでかさばらない

ポーションは丈夫な袋入りなので冷凍庫で保存するときも袋を平らにならせば邪魔にならず、トレーの上に並べられいるタイプではないので処分する手間もいりません。また、流水解凍をする時もビニール袋を準備して入れ替える必要もなくそのままでOKなので手軽です。

・次に利用できる割引クーポンが付いてくる

北海道海鮮工房では注文時に会員登録すると、割引クーポンコードが発行されます。次回のお買い物で利用すると購入金額の5%が自動的に割り引かれます。今回購入したカニをクーポンを利用して次回また買うと、税込み7,900円が7,505円になり395円安く購入できます。

会員限定の割引クーポンは蟹と一緒に届くパンフレットに印字してあります。クーポンを利用する時は注文画面にある8ケタのクーポンコードを入力するだけなのでとても簡単です。

北海道海鮮工房の残念なところ

・解凍すると大幅に重量が減る

解凍前の重量は公式サイト通り1kg以上あったものの、解凍した後はポーションから出てくる水分が多すぎたこともあり、大幅に目減りしてしまいました。ポーションの水気が多いと身が柔らかくなったり、カニの風味が落ちて海産物特有の臭いが出やすくなるので残念です。

・加熱後は身が硬くなりやすい

カニポーションは70本ほどあるので、やや小ぶりであっても食べ応えはあります。しかし、加熱後は身が硬くなりやすいです。火が通りやすい鉄皿ではなくフライパン調理でも同じく硬く感じたので、ポーションそのものに原因があるように思います。本数は十分あるためボリューム感は問題なしだったので、加熱後も柔らかいままで美味しく食べられたら嬉しいです。

→ 【北海道海鮮工房】購入はこちら

まとめ

海鮮工房のカニを加熱

  • 保冷性が高い発泡スチロール箱で届く
  • 不揃い品でも本数が多いのでたっぷり食べられる
  • ポーションを解凍する時間は30分が目安
  • 流水解凍した後は大幅に目減りした
  • 会員登録すると会員限定クーポンが発行される

「北海道海鮮工房」のカニポーションは大小様々なポーションが入っている不揃い品ですが、本数は70本ほどあるのでカニをメインにしても3~5人でお腹いっぱい食べられます。不揃い品といっても大きいポーションは10cm以上あるので、見た目も満足できます。

北海道のカニをたくさん取り扱っている「北海道海鮮工房」。ズワイガニ以外にもタラバ蟹のポーションもあるので色んなカニを楽しめます。

解凍後のポーションは水気が多すぎるため身がフニャフニャで柔らかすぎたり、カニの風味があまり感じられない点が残念でした。また、カニポーションの解凍方法だけでなく解凍時間も分かりやすく記載されていると親切だと思います。

「北海道海鮮工房」ではカニの鮮度を保つために発泡スチロール箱で届いたり、会員限定のクーポンがあるなど購入者への気配りやサービスが十分に感じられます。家族や仲間とカニをお腹いっぱい食べたいなら、「北海道海鮮工房」の不揃いポーションはピッタリの商品ですが、加熱しすぎや解凍しすぎには要注意です。

→ 北海道海鮮工房公式サイトはこちら



特集記事一覧

口コミで大人気のカニ通販、実際に取り寄せて食べ比べてみました 一番星の美味しいカニを求めて今日も行く こんなハズじゃなかった・・・かに通販の失敗体験 必ずチェック!カニ通販の口コミと注意点
5

おせちランキング
かに本舗サイドバー用

匠本舗の公式ホームページはこちら
5
PAGE TOP ↑