【毛ガニの相場】1匹の重量300g~700gまで重さごとに相場を紹介

毛ガニ

タラバやズワイは、重さの他に脚の太さや全体の大きさ(サイズ)も価格を決めるポイントになります。しかし、毛ガニはサイズはほとんど関係なく、重さのみで価格が設定されます

大きさがあっても重量がないと安くなる毛ガニ。タラバやズワイは身入りの良し悪しトラブルがまだ見られますが、毛ガニはそもそも重量で値段が決まっているためスカスカトラブルが少ないカニです。

↓毛ガニで一番人気の通販「北釧水産」はこちら↓北釧水産公式サイトへ

毛ガニ1匹の重量別、値段の相場

毛ガニ1匹300gの相場

300gの相場:4,388円

販売されている毛ガニは250g位からありますが、1匹250g~300gだと結構小さいです。大人1人で食べても物足りなさを感じる量です。

毛ガニは本州の一部でも獲ることができますが、北海道がメイン。北海道では資源保護のため、甲羅が8センチ以上の毛ガニだけ獲ることができます。甲羅8センチだと、400g前後の重量が一般的です。

重量が300gということは、甲羅の大きさは8センチ以上あるものの重さがやや足りないということになります。身入りを期待しすぎると、残念な印象を持つかもしれません。

毛ガニ1匹400gの相場

400gの相場:4,145円

大人1人が他の料理も食べながら毛ガニを満足できる量は400gです。ちょうどいい重さということもあり、販売される毛ガニの中で一番取り扱いが多い重量かもしれません。

そして甲羅の大きさが8センチ以上で獲ることができる毛ガニ。甲羅8センチの重量は約400gなので、もっともよく獲れる重量の毛ガニです。だからか、300gの毛ガニよりも相場は250円ほど安くなります。

身入りも標準なので、300gより400gを購入したほうが満足感もありお得です。

↓400gの毛ガニも豊富な北釧水産↓北釧水産公式サイトへ

毛ガニ1匹500gの相場

500gの相場:5,676円

500gになると値段が上がり始めますが、まだ良く獲れる毛ガニの重量になります。500gとなると8年以上の歳月をかけて大きくなった毛ガニなので、身入りも良く海底で運動もよくしていることからプリッとした食感を味わうことができます

鍋にするなら、500g1匹で大人2人が満足できる重量です。この重量だと味噌もたっぷり入っています。鍋にすると、味噌も溶け出し濃いカニ鍋を楽しむことができます。

毛ガニ1匹600gの相場

600gの相場:6,444円

600gになると毛ガニの中でも大サイズで表示されるようになります。ここまでくると、身だけでも充分大人1人が満足できる量です。

甲羅の大きさも10センチ前後になり、9~10年海の中でじっくり成長した毛ガニです。15回以上の脱皮を繰り返し、そのたびに身入りが良くなっていった毛ガニなのでボリュームはありますね。

600gになると見た目も大きく立派なため、贈答用としても喜ばれます。

毛ガニ1匹700gの相場

700gの相場:8,028円

700gになると漁獲量も減ってくるため、希少価値が出てきます。そのため、600gから一気に値段も上がります。見た目も脚がパンパンに太いため、ずっしりした重みや大きさを感じられます

毛ガニ以外の料理もあれば大人3人、味噌までみんなで楽しめる重さ。値段が高いだけあって、満足度の高い重量です。長い間海底で歩き回っていた身は弾力もあり、北海道の豊富なプランクトンを長いこと食べているため甘味があります

↓重量別の毛ガニが充実「北釧水産」はこちら↓北釧水産公式サイトへ

毛ガニを買うときの注意点

毛ガニは重量で値段が決まるカニです。もちろん重ければ重いほど、値段も上がります。しかし、重いからと言って満足いく毛ガニが送られてくるかといったら、そこは注意が必要です。

ここでは毛ガニを購入する時、確認する2つのポイントを挙げます。

記載されている重量は、活きている時のものかボイル後のものかチェック

記載する重量は通販によって、活きている時のものだったりボイル後のものだったりまします。毛ガニはボイルすると、約1割目減りします

例えば活きた状態で600gある毛ガニは、ボイルすると540gになります。たった1割と思うかもしれませんが、脚1~2本分の重さが減ってしまうわけです。

活きの状態で買う場合は、記載されている重量に満たない毛ガニが届くことはありません。注意が必要なのはボイル(茹で)毛ガニです。記載されている重量は、活きの時のものかボイル後かはきちんと確認しましょう。

堅毛ガニか若毛ガニかチェック

毛ガニだけに関わらず、カニ全般に言えることですが、「堅(かた)ガニ」と記載があれば身入りが期待できます

注意が必要なのは、脱皮すぐのカニ「若ガニ」です。脱皮してすぐのカニは甲羅や殻が柔らかく、一回り大きくなった甲羅や殻と身の間にまだすき間がある状態です。そのため、身入りが悪く、尚且つ脱皮で疲れたカニは身の弾力もありません。若ガニの身入りは60~80%です。

若ガニに比べ、堅ガニは脱皮してから歳月も経ち弾力あるカニになります。身入りも90%前後と文句なしです。同じ重量でも堅ガニと若ガニでは値段が変わり、若ガニだと2割ほど安く販売されています

相場と比べあまりにも安い毛ガニは、「堅ガニ」と記載されていなければ若ガニの可能性が高くなります。

↓身入り90%以上の毛ガニのみ販売「北釧水産」↓北釧水産公式サイトへ

まとめ

毛ガニ1匹の重量 相場
300g 4,388円
400g 4,145円
500g 5,676円
600g 6,444円
700g 8,028円

北海道では最もよく食べられるポピュラーな毛ガニ。カニの中でも身の甘さや味噌の濃さは、断トツ1位です。

毛ガニは一年を通して獲れるカニなので、いつでも安定した価格で購入できます。相場よりかなり安く販売されている時は、若ガニや冷凍してからかなり時間が経っている可能性があるので、極力さけた方がいいでしょう。

↓甘くてプリプリの毛ガニは「北釧水産」↓北釧水産公式サイトへ