【カニ通販とスーパーのカニを比較】カニの鮮度は、冷凍方法と期間で差がつく

浜茹で後に急速冷凍した毛ガニ

カニを購入する際、地元のスーパーや鮮魚店にしようか、通販を利用しようかは迷うところでもあります。カニ通販を利用したことがないと、実際のカニを見ずに買うことは少し不安ですよね?ここでは、スーパーと通販のカニを比較し、新鮮でおいしいカニを食べるための豆知識をご紹介します。

通販とスーパーでは美味しさが違う!冷凍された期間が味の決め手に

スーパーでカニを買うと、食べてみたら身がパサパサだった、塩辛かった、解凍すると身がほとんどなかった、といった失敗話しを耳にします。冷凍されたカニだし仕方がない、スーパーで売っているカニはこんなもんだと思っているかもしれませんが、同じ冷凍でも通販のカニは違います。

店頭に並ぶカニは外国産も多く、日本に入ってくるまでの間に冷凍と解凍が何度か繰り返されていることもあり、長い間冷凍されているものも数多くあります。カニは鮮度が命なので、当然水揚げされてから食べるまでの間が短ければ短いほどおいしいわけです

通販のカニは獲れたてをボイルし急速冷凍、産地で食べる新鮮さそのまま

通販のカニは獲れたてをすぐにボイルして急速冷凍し、私達の手元に届くまでの期間が、数日程度と産地で食べるのと同じくらいおいしいのです。生のカニでも同じで獲れたてをすぐに冷凍しているので、刺身には不向きですが、しゃぶしゃぶなどで生に近い食感を味わうことができます。

カニの冷凍技術はどんどん進化していますが、主流はブライン凍結という、濃い食塩水に浸して急速冷凍するものです。食塩水につけるので身に塩っぽさが浸み込んでしまい塩辛いものも出てきます。これは通販のカニでも同じですが、通販のカニでは、エアブライン凍結という、マイナスの冷たい空気を噴き付けて急速に冷凍する方法を売りにしている業者もあります。

エアブライン凍結の場合は食塩水につけるわけではないので、獲れたて、ボイルしたてそのままの味を楽しむことができます。また、スーパーのカニはカット加工されているものが多いので、変色を防ぐためにも酸化防止剤が使われていることがあります

信頼できるカニ通販業者は、新鮮でおいしいカニである確率が高い!

スーパーなどの冷凍カニはパックされていることもあり、品質を確かめにくい難点もあります。さらに、スーパーの冷凍カニはカニを劣化させないために酸化防止剤が使われていることがあるので、できるだけ避けたいですよね。しかし、活きガニや冷蔵のカニを取り扱っているお店は少ないので、お店を探すのが大変です。それならば、信頼できるカニ通販業者さんを選んだ方が新鮮でおいしいカニである確率が高く、しかも安いので最終的にはハズレがないともいえるのです。

今までカニ通販を利用したことがない人は試しに通販でカニを購入してみると、スーパーとの違いがわかると思います。ただし、解凍方法を間違えてしまうと、せっかくの新鮮なカニが台無しになってしまうので、同封されている説明書に記載されている解凍方法どおりに行ってください

カニを専門に扱っているカニ通販会社は、独自のおすすめ解凍方法を記載しているので要チェックです。

まとめ

  • 美味しいカニは鮮度が良い。冷凍期間や冷凍方法で鮮度が変わってくる
  • 通販のカニは獲れたてをすぐにボイルして急速冷凍し、冷凍期間が短いうちにお客様に届くので新鮮
  • スーパーのカニは変色を防ぐために、酸化防止剤が使われていることもある
  • 信頼できるカニ通販業者のカニは、新鮮で安くておいしい

自宅にいながら、カニの産地と変わらない新鮮なカニを食べることができるカニ通販。新鮮でおいしいカニを買うためには、口コミやカニの商品情報、カニ通販会社の評判をよくチェックし、信頼できるカニ通販会社を見つけること

通販会社によって冷凍方法や冷凍期間が違うこともあるので、冷凍焼けして味が落ちたカニに当たらないためにも、大切なことです。信頼できるかに本舗から取り寄せた新鮮でおいしいカニにお酒を合わせて、自宅で至福なひと時を過ごせしてみませんか。