ズワイガニ400gってどれくらい?満足度は姿とポーションで違う

ズワイガニの400g

ミナコ

販売されているズワイガニを見ると、買いやすい値段は大抵400gの大きさや重さだったりします。でも、ズワイガニの400gって一体どれくらいのボリュームでしょうか?実は400gのズワイガニはカット方法によって、食べた時の満足度に大きな違いがあるんです。

そこで、今回は姿カニやハーフカット、ポーションそれぞれの400gが何人分に相当するのか、実際に食べられる量や大きさ、量が少なくても美味しいカニ通販を紹介します。

↓ズワイガニが盛りだくさん!かに本舗はこちら↓

ズワイガニ400g、大きさや食べられる実際の量

400gは大玉リンゴ1個分の重量と同じくらいです。通販や店頭で販売しているズワイガニには、全くカットしていない「姿」のほか、「ハーフカット」や「ポーション」があります。ズワイガニはカット方法が異なると、同じグラム数でも見た目の大きさや食べられる量が違ってきます

ズワイガニ400gの大きさや重さをイメージしやすくするため、姿・ハーフカット・ポーションなどカット別に、ズワイガニ400gの大きさや、実際に食べられるぞれぞれの量も挙げていきます。

姿

竹カゴに乗ったズワイガニ

ズワイガニ姿400gの大きさは約30cmほどです。身近な食材でイメージすると2枚の食パンを横に並べたくらいの大きさなので、ちょうど女性の両手に乗るサイズです。想像より大きいと感じるかも知れませんが、姿のカニ400gは、甲羅や食べられない部分も含まれます。

甲羅を開けると左右にある灰色っぽい部分は食べられません。これはがにと呼ばれる箇所で、魚のエラに該当するため食べられない部分です。

400gとして購入しても実際に食べられる量は、およそ半分。つまり、400gのズワイガニ姿ならば総重量の半量にあたる200gほどが食べられる量ということになります。重量もリンゴ半分とほぼ同じです。

ポーション

竹カゴに乗ったポーション

カニの殻がほぼ剥かれた状態で販売されているポーションは、可食部が多いので姿カニと比較すると実際に食べられる量は多くなります。「むき身」とも呼ばれ、1本あたりの重さは30g前後です。

身近な食材に例えると、ズワイガニのポーション1本はスーパーで購入できる10cmサイズのちょっと細身のちくわと同等の大きさ、重さです。ズワイガニポーション400gは、ちくわ約17本分になります。

姿カニと同様にポーションにも関節部分などの殻が一部含まれるため、ポーション400gで実際に食べられる量は380g程度になります。リンゴに例えると6等分した1切れ分が約20gなので、リンゴ1切れ分を除いた重さと同じになります。

ハーフカット

皿に乗ったハーフカット

ハーフカットとは殻の上半分をカットして取り除いた状態で、ビードロカットと表示されている事もあります。食べやすいので人気ですが、殻の分量も多いため1本あたりの重さはポーションより重い35g前後になります。サイズ的には煮込み用の大きめのちくわで、ズワイガニ400gならば7~10本分に相当します。

ポーションよりも見た目のボリューム感はありますが、ハーフカットはポーションより殻の分量が多いので、食べられない部分が増えます。

ハーフカット400gの場合、実際に食べられるのは300g程度です。これは、4等分したリンゴの1切れ分を除いた重さとほぼ同等です。

カニを持つミナコ食べるコツがいる肩肉や爪なども、それぞれの美味しさがあります。食べやすさを重視して満足感も味わいたいなら、殻が最も少ないポーションの400gを選ぶといいでしょう。

冷凍ズワイガニ400gは、解凍すると量が減る!その理由とは

ズワイガニのグレース

通販のカニはほとんどが冷凍です。冷凍のズワイガニは食べる前に解凍しまが、解凍するとカニの重量は減ってしまいます。

その理由は、冷凍されたズワイガニには「グレース」と呼ばれるものが付着しているからです。グレースは、美味しい冷凍ズワイガニには必須。ここではグレースについ簡単に説明します。

グレースとは?

グレースは冷凍カニの表面につけられた氷の膜です。グレース加工と表記されている場合もあり、薄い氷の膜でカニを覆う事によって旨み成分であるカニの水分を保ったり、輸送中の衝撃からカニ身を保護するという目的で表面に付けられています。

グレース量の目安

各業者違いはありますが、グレース量は総重量の2割程度が一般的です。つまり、ズワイガニ400gならグレース量は約80g。400gのズワイガニ(姿・ポーション・ハーフカット何でも)であれば、解凍後の重量は320gになるということです。

そして、冷凍されたズワイは、生のカニを冷凍した「生冷凍」のズワイガニと、ボイルしてから冷凍した「ボイル冷凍」と呼ばれる2つの種類があります。両者のグレース量に大きな差はありません。

ただし!

上手に解凍しないと、グレースと一緒にカニの旨み成分も抜けてしまいます。グレースはズワイガニの旨み成分を逃さないために付着させていますが、解凍方法を失敗するとグレースと一緒に旨みも逃げてしまうので解凍には要注意です。

姿・ポーション・ハーフカットのズワイガニ400gは何人が満足できる量?

ズワイガニ何人で食べるか

大人1人が満足できるズワイガニの身の量は、食べられる部分400gです。ここでは、姿カニ・ポーション・ハーフカットのズワイガニ400gを食べたとき、満足できる人数にどれくらいの違いがあるのかを調べてみました。

ズワイガニ姿400g

  • 実際に食べられる部分の量→160g
  • 満足できる人数→0.4人

ズワイガニ姿400gを解凍し、殻やがにをすべて外すと160gほどになります。大人がズワイガニを食べて満足できる量は400~500gなので、ズワイガニ姿400gで満足できる人数は0.4人になります。

つまり、ズワイガニ以外の具材も加える鍋料理などで食べない限り一人前にも満たない量ということです。ズワイの姿以外にも、通常の料理を用意しないとお腹いっぱいにはなりません。

ポーション400g

  • 実際に食べられる部分の量→304g
  • 満足できる人数→0.8人

ポーションは姿カニほど目減りしませんが、解凍して食べられる部分だけにすると304gになります。殻が少ないので大人1人がほぼ満足できる量と言えます。ポーションは食べやすくカットしてあるので、姿カニに比べて食べるペースも進みます。他の料理と一緒にポーションを食べるのであれば、400gは大人2人でもズワイを十分満喫できる量です

ハーフカット400g

  • 実際に食べられる部分の量→240g
  • 満足できる人数→0.6人

ポーションに比べると食べられない部分が多いハーフカット。400gで購入しても解凍すると実際に食べられる部分は240gにり、一人前として食べるにはやや物足りなさを感じます。他の料理も一緒に味わうならば、ハーフカット400gは一人前として満足できます。

笑顔のミナコ見た目のインパクトは姿ガニが一番ですが、ズワイガニ400gのうち実際に食べられる部分だけをみると、殻の分量が一番少ないポーションが食べ応えNo.1なことがわかります。

ズワイポーションで人気のかに本舗、値段もボリュームもピカイチ☆

ズワイガニ料理

カニ通販最大手のかに本舗では、可食部の多いズワイポーションがたくさん販売されています。値段も他店と比べ、1~2割安いかに本舗。安さの理由は、ズワイガニが美味しい時期に身入りや味のいいズワイガニを1年分一気に購入するため。

そしてかに本舗のズワイポーションは、2~3Lサイズでも充分な太さがあることも魅力。実はポーションのサイズは、2Lサイズなら何cmといった決まりはありません。各店で勝手に決めることができるのです。

かに本舗のサイズは同じ2Lサイズでも他店より、大きく太いのが特徴。値段も安く、サイズ展開も豊富、ポーションのボリュームもあるかに本舗。美味しさはお墨付きです。

まとめ

  •  ズワイガニ400gは、カット方法によって可食部の量がかなり変わる
  •  400gのズワイガニは解凍すると重さが2割減る
  •  ズワイ400g、姿は0.4人前、ポーションは約1人前、ハーフカットは0.6人前
  •  ズワイの姿が一番食べられる量が少ない
  •  カニポーションは食べ応えNo.1
ミナコ大人1人が満足できるズワイガニは400g。は同じ400gでもカット方法によって食べられる量にかなり違いがありましたね。ほかにも、冷凍カニを解凍するとグレースが溶けるため、購入時よりもズワイガニの重量が減ることもわかりました。

姿なら鍋料理にして、ポーションやハーフカットならば一品料理としてズワイガニを食事に加えると400gでも堪能することができます。ズワイガニだけで楽しみたいときは、かに本舗でもう少し量が多いポーションを選ぶと満足できますよ。