かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!

カニポーションのボイルと生はどう違う?それぞれの特徴

ボイルとポーションカニポーション(むき身)は殻をむく必要がないため、子どもから高齢者までオールマイティに食べることができ、どのカニ通販ショップでも人気の高い食べ物です。

ポーションの種類はズワイガニやタラバガニ、毛ガニがありますが、その中でもズワイガニとタラバガニが多く流通しています。さらにポーションの中でもボイルと生があり、それぞれの特徴や値段の相場も説明していきます。

カニポーションの生とボイルの特徴と、メリット・デメリット

ボイルポーション
販売されているポーションには、脚肉、爪下、爪肉のポーションなどと、部位名も入っていることが一般的です。商品名に部位名が入っていないものは、可食部分が少ないこともあるため注意が必要です。

ほぼ全てのポーションは小分けに冷凍されており、チルド(冷蔵)のものは、ほとんど流通していません。

種類は生とボイルがあり、どちらを購入するかで解凍方法やどんなレシピが合うのかも違ってきます。ここからは、生とボイルの詳しい特徴や、メリット、デメリットも合わせて詳しく説明していきます。

生のカニポーション

ズワイガニやタラバガニ、毛ガニを生の状態で瞬間冷凍したものです。メリットは、解凍しても風味が損なわれにくいことです。

解凍法にはコツがあり、特にズワイガニでは解凍時間を間違えると生臭くなったり、身が崩れたり黒っぽく変色してしまいます。この現象は「黒変」といい、衛生面や味的には問題ありませんが、見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。

ポーションの生は、美味しいカニの風味が楽しめる鍋や雑炊、バター焼きや天ぷらなどバリエーション豊かな料理を作ることができます。刺身用のポーションはごくわずかしか流通していないため、ほとんどのポーションの生は加熱調理のひと手間が必要になります。

ボイルのカニポーション

水揚げされたカニをすぐに茹でて、急速冷凍した状態のものです。メリットは日持ち期間が生より長く、塩ゆでしてあるため解凍したら下処理いらずですぐに食べられます。デメリットは解凍時間が半日~1日と長く、生と比べて風味が少ないことです。

ポーションのボイルはすでに茹でてあります。再加熱すると風味が失われることから鍋料理などの加熱料理には向きませんが、解凍したらそのまま手巻き寿司といった料理に使うことができます。したがってボイルは、料理の手間を大幅に省くことができます。

日持ち期間は冷凍状態で1ヶ月ほど保存できます。そのため、大量のカニを一度に食べられない時でも、少しずつ解凍して食べることができます。

【生のカニポーション】上手に解凍するコツと合う料理を紹介

生のカニポーションここからは、カニポーションの生を上手に解凍する手順と、合う料理について説明していきます。最も大切なポイントを挙げると、食べる直前に急速解凍することです。

生のポーションの解凍手順

手順1.使用分のポーションをビニール袋に入れる

食品用のビニール袋にサッと水洗いしたポーションを入れたら、袋の口をしっかりと閉めます。ジップロックのような密閉性の高い袋がいいいでしょう。使用しない分のポーションは溶けないうちにすぐに冷凍庫に保存して下さい。

手順2.食べる1~2時間前から流水解凍開始

流水解凍は、水の入ったボウル容器に浸します。水温が上がらないよう流水を5分ほどかけますが、この時ポーションの一部だけに水がかからないよう位置を変えながら、解凍していきましょう。

解凍時のポイントは、必ず水で行うことです。カニのポーションには、乾燥から守るためにグレースと言う薄い氷の膜でコーティング処理されています。水で解凍するとグレースだけ溶かすことができますが、お湯や電子レンジだとカニの身までも解凍されて硬くなり、旨味が無くなってしまうからです。

手順3.半解凍できたらOK

中心部がまだ凍っていて、透明感が残る感じで半解凍できたら完了です。全解凍してしまうと、カニの出汁まで出てしまい、身がパサパサした感じになってしまうためNGです。生のカニは解凍後、黒く変色しやすいので、すぐに加熱調理に移るなど注意が必要です。

生のポーションにはどんなレシピが合う?

カニポーションの生に合うのは、甘みやうま味が十分に引き出せる、しゃぶしゃぶです。熱湯にくぐらせる時間を変えると、様々な食感を楽しむことができることも、かにしゃぶが合う理由です。

かにしゃぶは湯にくぐらせたら、そのまま食べても美味しいですが、ポン酢でも合います。その後は、カニのうま味がぎゅっと閉じ込められた鍋に野菜を入れて食べ、最後は雑炊にしてシメます。

【ボイルのカニポーション】上手に解凍するコツと合う料理を紹介

ボイル解凍法
次に、ボイルのカニポーションを解凍する手順と、どんな料理が合うのかその理由も合わせて説明していきます。ここで大切なポイントは、解凍する際に冷蔵庫でゆっくり時間をかけることです。

ボイルのポーションの解凍手順

手順1.ポーションを冷蔵庫へ入れる

使う分の冷凍ポーションをザルに出したら、乾燥防止のラップをかけ、冷蔵庫で半日ほどかけて解凍していきます。時間が経つと、カニを覆っているグレースが溶けて水分が出てきますので、ザルの下に受け皿を置きます。

手順2.グレースが解凍できたらOK

冷蔵庫に入れたポーションを指で押した時に、柔らかく曲がるようになったら解凍完了です。解凍したカニポーションは、なるべくすぐに食べることが好ましいですが、冷蔵庫でそのまま2日ほど保存可能です。ちなみに冷蔵庫にチルド室がついている場合は、そちらを使用するのもいいでしょう。

ボイルのポーションはどんなレシピが合う?

解凍されたボイルのポーションは、加熱せずそのまま食べられるため、サラダがぴったり合います。解凍時間が半日と長い反面、カットした野菜と盛り付けるだけなので調理時間は短く済みます。

大皿に食べやすくちぎったレタスを敷き、スライスしたトマトやブロッコリーなど好きな野菜を盛り合わせ、好みのドレッシングをかけます。大根をトッピングしてシャキシャキ感と、カニのほど良い弾力感を一緒に楽しむのもいいでしょう。

ミナコ

ちなみにカニを温かい状態で食べたい場合は、凍ったままのポーションを約20分間蒸します。蒸すことでカニのうま味が流れ出ることもなく、美味しく食べることができるのです。

どちらがお得?カニポーションのボイルと生、価格の相場を調査

通販でカニポーションを購入すると、いくらくらいなのでしょうか。ここではカニ通販サイトでポーションを1kg購入すると価格の相場はいくらなのか、種類別にまとめてみました。

【カニの種類別】ポーション1kgの価格相場

状態カニの種類主な産地価格の相場
ズワイロシア、アラスカ、ノルウェー5,000円~
1万円
タラバロシア、北海道8,000円~
1万5,000円
毛ガニ北海道、ロシア8,000円~
1万2,000円
ボイルズワイアメリカ、カナダ、ロシア6,000円~
8,000円
タラバロシア8,000円~
1万2,000円
毛ガニ

価格の相場表から分かることは、ズワイガニより、タラバガニのポーションの方が若干値段が高いということです。値段だけで言えば、ズワイガニの方がお得です。また、生とボイルを比べると、値段差はほとんど変わらないことが分かります。

また、生タラバガニのポーションはロシアなど外国産のものは8,000円程度ですが、北海道産のものは1万5,000円程度と、国産の方が高い傾向がありました。また、ボイルタラバガニのポーションは、ロシア産のものが多く、その中でも価格は8,000円~1万2,000円と幅がありました。

ボイルの毛ガニのポーションは、流通量がほとんどないからなのか、通販では他のカニとセット販売されていたり、1匹まるごとボイルしたものが販売されており、1kgでの販売はしていませんでした。

まとめ

  • 生のポーションは解凍法にコツがいるが、出汁がたっぷり出て風味豊か
  • 生のポーションに合う料理はかにしゃぶや雑炊料理
  • ボイルのポーションは解凍時間こそかかるものの、すぐに食べられる
  • ボイルのポーションに合う料理は、サラダや手巻き寿司
  • ズワイガニより、タラバガニのポーションの方が値段が高い
  • ボイルのポーションは、解凍方法が簡単なため、調理の手間を省くことができます。生のポーションは、解凍時間や調理するタイミングを気をつければ、カニの旨みを堪能できるバラエティーに富んだ加熱料理を作ることができます。

    値段はズワイガニが安く、生かボイルかでは、価格はほとんど同じでした。予算や手間、誰と食べるかを考えながら、自分の目的に合ったポーションを購入するようにしましょう。

    カニお取り寄せランキングはこちら

    カニ通販お取り寄せランキングはこちら


    特集記事一覧

    口コミで大人気のカニ通販、実際に取り寄せて食べ比べてみました 一番星の美味しいカニを求めて今日も行く こんなハズじゃなかった・・・かに通販の失敗体験 必ずチェック!カニ通販の口コミと注意点
    5

    おせちランキング
    5

    匠本舗の公式ホームページはこちら
    5
    PAGE TOP ↑