【美味しいカニの選び方】カニの色やつや、重さや茹で方で見分ける

oisiikanimiwake

通販でもお店でもカニを購入する際、美味しいカニはどれか?身がたくさん詰まっているのはどれ?と、迷ってしまいますよね。美味しいカニの選び方がわかれば、失敗することもありません。では、美味しいカニを選ぶには、どんなところに注意すればいいのでしょうか。

美味しいカニありますよ、かに本舗

【お店での美味しいカニの選び方】色鮮やかで重いカニは、新鮮で身が詰まっている

お店で直接カニを購入する場合、どれも同じに見えてしまいます。美味しいカニを見分けるには、実際にカニを触ってみるのがいいのですが、売り物なので必要以上に触るのもあまりよろしくありません。そこで、お店でおいしいカニを購入する際のポイントを紹介します。

スーパーなどではボイルしてパックされた状態で売っているカニが多いので、見分けるのはなかなか難しいですが、可能な範囲で確認してみて下さい。

美味しい「ボイルガニ」は、色と重さで見分ける

(1)色、つや

出来るだけ色鮮やかな赤色をし、つやがあるカニを選ぶようにしてください。色が悪いカニは古くなっている可能性があります。

(2)重さ

見た目の大きさでは重さはわからないものです。同じ位の大きさのカニを比べ、出来るだけ重たいものを選ぶようにしましょう。重量感があるものは身もギッシリ詰まっていて、味噌もしっかりと入っているものが多いです。

(3)茹で方

実際にカニを茹でているところを確認しているわけではないので、茹で加減もわかりにくいですが、 簡単に見分ける方法として「甲羅が乾いているかどうか」で確認することが出来ます。甲羅の乾きは熱の加え過ぎが考えられますので、ゆで過ぎて身が硬くなっている可能性があります

また、茹で時間が少ないものはミソが固まっていないことが多いので、持ち上げるとミソが混じったような汁が出てきます。パックされている場合は少し傾けて汁が出ていないものを選ぶようにしましょう。

この他にも、カニのお腹の部分の臭いをかいで確認する方法もありますが、なかなか難しいですよね。可能な場合は臭いを かいでみて、腐敗臭や変な臭いがするようであれば古くなっていますので、やめておいたほうがよいです。

社長自らカニを視察、美味しいカニのみ販売かに本舗

美味しい「活きガニ」は、甲羅の硬さで見分かる

oisiikanimiwake2

活きガニを目にすることはほとんどありませんが、稀に個人の魚屋さんで売っていることもあります。活きガニといえども、まだ若いカニは身が乏しく味噌汁の出汁をとることくらいしかできませんので、気をつけましょう。

(1)重さ

活きカニは茹でガニ同様、重量感が重要。動いているので手に持つのは怖いですが、ちょっと持ち上げるだけでもわかります。軽いカニは身が入ってない可能性があります。

(2)甲羅の硬さ

甲羅が硬いカニの方が身の詰りはよく、美味しいカニだと言われています。見た目にはわからなくとも、甲羅や脚を触ってみるとよくわかります。カニは脱皮を繰り返して大きくなっていくため、若いカニは甲羅が柔らかく、長年生きているカニは甲羅が硬いので、その分身もしっかりと詰まっているのです。

甲羅の硬さは、甲羅に付いた黒いつぶつぶ(カニビル)でもわかります。カニビルはもともと岩などに付着しているものなので、それだけ甲羅が硬いことを意味します。ポイントさえ抑えていれば、カニ選びに失敗することはありませんので、是非参考にしてみて下さい。

生カニも身入りを重視、かに本舗はこちら

通販での美味しいカニの選び方は、茹で方をチェック!浜茹より船茹の方が新鮮

1495-1

カニの通販サイトを見ていると、よく目にするのが「浜茹で」という言葉です。浜茹でって、いったいなに?と思いながらも、私はその言葉に誘われておいしいに違いないといった認識を持っています。

浜茹でとは、水揚げされたカニをその日のうちに地元の港で茹でたものを呼んでいます。しかし、最近では、カニを「船茹で」をする業者さんも出てきました。船茹でとは、水揚げされたカニを港まで運ぶまでの間に船の上で茹でることですが、主流の浜茹でに比べると、まだ数は少ないのが現状です。

「浜茹で」と「船茹で」の違いは、簡単に言えばカニの鮮度の違いです。同じ日に同じ場所で水揚げされたカニを港まで運んでから茹でるのと、その場で船の上で茹でるのとではおいしさが違ってきます。カニは新鮮であればあるほどおいしいので、当然ながら「船茹で」の方が新鮮で美味しいわけです。

カニ通販では、お店のように実物のカニを見て選ぶことができないので、茹で方を確認することもおいしいカニを選ぶポイントになってきます。カニ通販を利用する際は、茹で方のチェックもお忘れなく!

獲れたてをすぐに加工、美味しさにこだわるかに本舗

スーパーのカニは、店員がお店でボイル。茹で加減が微妙な時も…

茹でてあるカニよりも、活きガニを購入して家で茹でたほうが新鮮では?と思いがちですが、私達の手元に届くまでに、どのくらい生かされていたかがポイントです。水揚げされて長期間経ってしまったカニは、いくらいけすで生かされていても、いざ調理すると、身入りが少なくなっていたり、カニミソの色が変わってしまったりするので、活きガニが良いわけでもないのです。

スーパーや店頭で見かけるカニで、冷凍されていないボイルガニを目にしたことがあるかと思いますが、この場合はスーパーの調理作業場で茹でていることもあります。

カニは旬の時期も色々で、素人ではカニのおいしい時期もよくわからないですよね。茹でている人はスーパーの従業員で、塩加減や茹で加減が人によっても違うことから、購入に失敗した経験をお持ちの方も多いと思います。

水揚げすぐに加工、塩加減もバッチリかに本舗

通販のカニは買って損なし!ベテラン職人が絶妙の塩加減で茹で上げるので美味しい

スーパーで売られているカニは、色々な流通経路をたどり私達の手元に届きます。日にちがどうしてもかかってしまい、値段も張ってしまいます。その点、カニ通販では、カニのおいしさをよく知るベテランの職人さんが絶妙の塩加減、茹で加減で茹で上げていますので、失敗はありません

最近では冷凍技術も発達し、茹で上げ後急速冷凍をしておいしさを閉じ込めているので、解凍すれば茹でたての味をそのまま楽しむことができます。しかも、通販のカニは産地直送で自宅に届くので水揚げされてからの時間が短く、余計な経路をたどることもないため値段も安くておいしいのです。

美味カニに自信あり、かに本舗はこちら

まとめ

  • 美味しいボイルガニは、色鮮やかでつやがあり、重量感がある
  • 活きガニは、重量感があり甲羅が硬い方が身の詰まりが良く美味しい
  • カニの茹で方には浜茹でと船茹でがあり、船茹での方が新鮮