かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!かにめぐり - カニ好き一家が今日も全国の美味しいカニを求めて食べまくり!

「北海道地場の味」で評判のカニポーション、実際に取り寄せて食べてみた

地場の箱を持っている

さくら

北海道の新鮮なカニが通販でお取り寄せできる「北海道地場の味」。カニが何より大好きな我が家としては、食べないわけにはいきません。そこで今回はカニ通販「北海道地場の味」で人気のカニポーションをお取り寄せすることにしました。

初めて注文してみた「北海道地場の味」のカニポーションの見栄えや食べた感想など、写真付きでたっぷりご紹介していきます。

「北海道地場の味」で本ズワイ蟹しゃぶ500gをネット注文

地場のトップページ「北海道地場の味」で注文したのは、税込み7,800円の本ズワイ蟹しゃぶ500gです。この商品は7,500円で1箱にポーションが17~20本入りと、7,800円で11~13本入りの2種類があります。私が注文した11~13本入りには、17~20本入りのポーションよりも一回り大きいサイズのポーションが入っています。

本音を言えば1本でも多く食べたいですが、今回は大きくて立派なポーションを口いっぱいに頬張ってみたかったので、500gで11~13本入りのカニポーションに決めました。

→【北海道地場の味】購入はこちら

本ズワイ蟹しゃぶ、指定日時に無事到着

注文した本ズワイは指定日にヤマト運輸さんが届けてくれました。時間も指定した通り、バッチリ午前中の枠で10時すぎには届きました。届いた箱は白い段ボール箱です。箱の厚みは7cmありますが、計ってみると26cm×19cmだったのでB5サイズほどと小さめです。

地場の箱箱には「冷凍」のラベルが貼ってあります。冷え冷えのクール便で届いたので、溶けてしまう前にさっそく開封してみます。

地場の箱を開封段ボール箱の中には美味しく食べるための注意書きや、上手な解凍方法などのパンフレットがカニと一緒に入っています。

地場の箱を手で開けているパンフレットを取り出すと、アルミの保冷シート袋に入ったカニポーションが見えます。

地場のアルミ袋を開封保冷シートの袋入りだと段ボール箱で届いても、ポーションが溶けてしまう心配がないので安心です。

→【北海道地場の味】購入はこちら

解凍前のカニポーション、長さは18cm以上のビックサイズ

解凍する前に袋の上からポーションのサイズを測ってみると、18.5cmほどあります。ポーションは小さめの袋にそのまま入っているため、冷凍庫での保管もかさばらず助かります

地場のポーション18.5センチスマホをポーションの横に置いてみます。ポーションはだいたいスマホの大きさと同じです。

地場のポーションとスマホ私が注文したのは500gのカニポーションなのですが念のため、解凍前の重量も量ってみます。表示された数字は544gで思っていたより、やや少なめでした。解凍前のポーションは500g以上あるので公式サイトの記載通りの重量ですが、冷凍カニには乾燥を防ぐために氷の膜でカニ身を覆うグレース加工されています。

グレースは通常、総重量の2割だと言われているので、解凍すると500gより少なくなってしまうかも知れません。

地場のポーション重さ解凍してみないと実際の重量はわからないので、食べる当日までこのまま冷凍庫で保管することにします。

→【北海道地場の味】購入はこちら

「北海道地場の味」のカニポーションは氷水解凍で1時間

待ちに待ったカニを食べる日です。まずは、冷凍庫からカニポーションを取り出します。冷凍カニの解凍というと流水で解凍することが多かったのですが、「北海道地場の味」のカニポーションの解凍方法は少し違うんです。大きく違う点はズバリ、流水しないということです。どんな方法なのか順に紹介していきますね。

地場のポーション冷凍庫ポーションはビニール袋のまま、水を張ったボウルに入れます。「北海道地場の味」のカニポーションは厚手の袋入りなので、このまま解凍できるため便利です。1本ずつトレーに並べられているとカニの見栄えはよいですが、解凍するときには手持ちのビニール袋に入れ替える手間がかかってしまいます。

その点、「北海道地場の味」のカニポーションは、冷凍庫から出したら氷水に浸けるだけでいいので手軽です。

地場のポーション解凍開始たっぷり水が入ったら、ボールに氷をたくさん入れて氷水を作ります。もちろん、ポーションはまだカチカチに凍った状態なので、ボールの水はすぐに冷たくなります。1時間後にタイマーが鳴るようセットしてこのまま待ちます。

地場のポーション氷水タイマーが鳴ったので、ボールの中のカニポーションをビニール袋の上からちょっと触ってみます。おお~、フニフニの触感♪とっても上手に解凍できて大満足です。一般的な流水解凍と比べるとシンクを占領することもなく、氷水を作ったら完全放置でOKの氷水解凍はとてもラクチンです。

地場のポーション触る→【北海道地場の味】購入はこちら

ポーションはグレースが多め、解凍後は重量が225gも減ってしまう

ビニール袋を開封すると底にグレースが溜まっていました。カニの臭みが残らないよう、グレースは捨てます。このグレースを捨て忘れると、カニに余計な生臭さが付くので忘れずに捨てましょう。

カニポーションのグレースを捨てる
解凍直後のポーションを1本持ってみると、少し身が縮んだ気がしますが立派なカニ身です。せっかくなので後で測ってみたらカニ身は解凍しても17cmほどありました。やはり、解凍したことで1cmほど身が縮んでしまったようです。

カニポーション17センチ
氷水解凍でグレースが出ていたので、解凍後の重量も気になります。さっそく、お皿に乗せて測定してみると319gでした。もちろん、お皿の分を差し引いた重さです。ということは、グレースが225gもあったということになります。解凍前はビニール袋に入れた状態で測定しているとはいえ、さすがにグレース分が多すぎですよね。

解凍後の重さを量る
グレースはカニの旨味を保つための処理だから、大切な役割があるのはわかるんです。でも、こんなに目減りするとは思っていなかったので、ちょっとガッカリしちゃいました。

でも、カニ身は解凍しても大きめだし、見るからにふんわり柔らかそうです。上手に解凍できたのでポーションの鮮度が落ちないうちに気分を切り替えてカニ鍋の準備を始めます。

地場のカニで鍋の準備
→【北海道地場の味】購入はこちら

カニ鍋は絶品、「北海道地場の味」のポーションは食べ応え抜群

いよいよカニ鍋スタートです。カニは煮過ぎるとアッという間に硬くなってしまうので、お鍋に入れるタイミングを考えて野菜を先に加熱してから加えます。

地場のカニ鍋をスタート
イイ感じに煮えてきましたね。部屋中、カニのいい香りに包まれています。お腹がペッコペコなので、家族で仲良く取り分けてさっそく頂きます。

地場のカニポーションを食べる
やけどしないように気を付けながらカニポーションを頬張ると、見た目通りふんわりした食感です。生臭さもなく程よい弾力があります。公式サイトで紹介されていた高級料亭ご用達のカニというのも頷ける美味しいポーションでした。

「北海道地場の味」のカニポーションには、関節部分の殻が5cmほどしかないタイプ。不要な部分がカットしてあるので、持ちやすくて家族みんなが食べやすいポーションです。

「北海道地場の味」ネット注文方法を紹介

「北海道地場の味」を注文する方法手順を写真付きでわかりやすく紹介します。「北海道地場の味公式サイトへ」のバナーをクリックすると、今回は私がカニポーションを購入した「北海道地場の味」の通販サイトに移動します。

→ 北海道地場の味公式ホームページはこちら



「北海道地場の味」の公式サイトが開いたら人気商品ランキング2位になっている「ズワイ蟹」のポーション画像をクリックします。

地場の公式サイトトップページ
購入画面が表示されたら注文するポーションの個数と入り数を商品リストから選択します。間違えがないか確認したら「カートに入れる」をクリックします。

地場の注文カートに入れる
注文するポーションの個数と入り数、合計金額などを再確認したら「ご購入手続きに進む」をクリックしてください。

地場のカニ購入手続きに進む
送付先の入力画面が表示されるので、住所や氏名など注文者の基本情報を入力します。同じ画面に「新規会員登録」の欄もあり、登録すると次回から注文者情報の入力を省くことが出来ます。送付先の情報をすべて入力したら画面下の「次へ」をクリックして、決済方法の選択画面に進みます。

地場の会員登録
「北海道地場の味」ではVISAやMASTERなど5種類のクレジットカードが利用できます。ほかにも、代金引換や銀行振込、携帯料金と一緒に支払うことができるキャリア決済という方法もあります。配送方法や送料を確認したら「次へ」をクリックして、注文内容を確認する画面に移動します。

地場の注文と支払い方法
最後にすべての内容を確認したら「注文内容を確定する」をクリックしたら注文は完了です。

地場の注文完了
注文が完了すると登録したアドレスに【ご注文完了のお知らせ】というメールが届きます。メールにはお届け先や指定日時、支払い金額や注文番号などが記載されているので、手元にカニが届くまで「北海道地場の味」からのメールは大切に保管しておいてください。

北海道地場の味の良いところ、残念なところ

地場のカニ鍋と野菜

北海道地場の味の良いところ

・ポーションは大きくて見栄えもいい

北海道地場の味のカニポーションは、とにかく大きくて立派です。カニ身は15cmほどのサイズで揃えられています。大きさにバラつきがないので見栄えの良さは文句なし。ポーションは1本ずつ冷凍されているので、少しだけ食べたい時は食べる分だけ解凍することもできる点も便利です。

・解凍方法は氷水に浸けておくだけ

流水解凍だとポーションに流水を均等にあてないと、凍ったままだったり解凍しすぎてしまうなど上手に解凍できない事があります。また、解凍している間は蛇口とシンクを占領してしまうので、他の料理も作る場合は邪魔になってしまうこともあります。その点、北海道地場の味のカニポーションは氷水に浸けておくだけでOKなので、流水を調整したりシンクが使えなくなることもないので助かります。

北海道地場の味の残念なところ

・解凍すると200g以上も減ってしまう

解凍する前のポーションは500g以上ありますが、解凍すると200g以上も減ってしまいます。今回購入した「本ズワイ蟹しゃぶ500g」は、解凍すると重量がかなり減る可能性があります。グレースはカニの風味や乾燥を防ぐために必要ですが、ちょっと多すぎる印象です。

・すべての商品に送料がかかる

カニ通販では一定の購入額に達すると送料が無料になったり、もともと送料込みの商品が多数あるのですが「北海道地場の味」では注文数や金額に関係なく、一律1,000円の送料が加算されます。ほかにも、離島など一部の地域ではクール便が利用できません。

北海道地場の味で扱うカニは全てがクール便となるため、贈答用として利用するときはお届け先が配送可能な地域であるかを確認してください。

・ポイントサービスがない

通販では購入金額に応じてポイントが付くことがありますが、「北海道地場の味」ではポイントサービス自体がありません。中には購入額の5%がポイントとして付与されるカニ通販もあります。次回購入する際に利用できるポイントがない点は、ちょっと残念です。

→【北海道地場の味】購入はこちら

まとめ

地場の蟹しゃぶ

  • 1本ずつ冷凍されているので食べる分だけ解凍できる
  • 氷水解凍なのでシンクと蛇口を占領しない
  • ポーションは解凍しても17cmもありサイズも均一
  • やわらかなカニ身で程よい弾力がある
  • トレーではなく袋入りなので食べた後の処分がラク

「北海道地場の味」のカニポーションは見た目はもちろん味にも満足できます。特に、カニ身は柔らかいだけでなく程よい食感があり、カニならではの味わいと甘みもしっかりしています。

「北海道地場の味」では本ずわい蟹のほかにもタラバや毛ガニ、花咲蟹も扱っています。色々な種類のカニを食べられるのは嬉しいですが、購入額に関わらず1,000円の送料が別にかかってしまう点は残念なところです。

以前、私が利用したカニ通販では購入額が8,000円以上になると送料無料になったり、次回の買い物で利用できるポイントサービスもありました。カニは高価なので送料やポイントサービスがあると、もっと利用しやすくなると思います。

「北海道地場の味」のカニポーションは重量だけでなく本数でも選べるので、商品の種類が豊富です。スーパーの店頭で見かけるカニとは比べ物にならない見栄えです。大きくて弾力のあるカニを口いっぱいに頬張りたいなら、「北海道地場の味」で人気のポーションを選べば間違いなしです。

→ 北海道地場の味公式ホームページはこちら



特集記事一覧

口コミで大人気のカニ通販、実際に取り寄せて食べ比べてみました 一番星の美味しいカニを求めて今日も行く こんなハズじゃなかった・・・かに通販の失敗体験 必ずチェック!カニ通販の口コミと注意点
5

おせちランキング
かに本舗サイドバー用

匠本舗の公式ホームページはこちら
5
PAGE TOP ↑